« 寿命…? | トップページ | ちょっと早いけど »

2010年10月30日 (土)

帰省と映画鑑賞

復職してから自分の公休日が火金に変わったものの、何故か土曜日が毎週のように休み(どういう訳か、金曜日が異様に忙しい)なので、妹との映画鑑賞の予定をこなすべく昨日の夜から実家に戻ってきています。1泊の予定だったんだけどね。。。

そういう時に限って台風が速度を早めて通過中。帰ろうと思えば帰れるんだけど、明日の朝には通り過ぎているだろうと思うので、仕事前に自宅に戻ることにしてもう1泊することにしました。(広島とか仙台にいた頃は無理矢理にでも帰らなきゃいけなかったけど)


で、観てきたのは「アイルトン・セナ〜音速の彼方へ」。(「大奥」と「SP」はその内に)

F1に填まったのはセナがきっかけだったので、この映画だけは観ておきたかったのだけど、悲しいことに上映館が少ない。ぼんやりしていると上映終了してしまうので、朝から雨の中行ってきました。

ドキュメンタリー映画なので、最後の結末は知っているだけに、上映開始から泣きそうでした。

もう、あんな天才的なドライバー、現われないんだろうな…。

セナプロの確執については知っていたけど、あそこまで酷いとは思わなかったし、当時のヨーロッパ至上主義的なところも(つか、当時の会長があからさまにプロストの肩持ってるし)。

セナの最期のレースとなったサンマリノGPのシーンは、結末が判っているだけに見るのがとても辛かったです。観る前から「泣くだろう」とは思っていたけど、やっぱりハンカチが手放せませんでした。

上映終了後は、しばらく立ち上がることは出来ませんでした。私だけでなく、劇場にいた殆どの人が同じではなかったか、と思います。
悲しい、と言うよりもいなくなってしまったことへの喪失感の方が大きかったように感じました。


見るのが辛いシーンもあったけど、DVD出たら多分買うんだろうな。。。

|

« 寿命…? | トップページ | ちょっと早いけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184143/49888500

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省と映画鑑賞:

« 寿命…? | トップページ | ちょっと早いけど »